不動産用語集


あ行

オール電化
ガスを引かず、すべて電気でおこない、ガスコンロの代わりに電気キッチン、ガス給湯器の代わりに電気温水器を使う。
オートロック
ドアの施錠・解除システム。エントランス(入口)に使用され、鍵や暗証番号でドアの開閉をおこなう。TVモニターが付いているものもあり、来訪者が部屋の中でわかる。
LDK
L(リビング)・D(ダイニング)・K(キッチン)の略。8帖以上の場合に表示される。
追い焚き
浴槽の水を沸かす機能。ファミリー物件に用いられる事が多い。
IHクッキング
ヒーター 電気熱源コンロで、キッチンが熱くならなく掃除がラクで、電熱器と違い、パワーが強いので、人気がある。

か行

クローゼット
衣類収納庫の事。3帖以上の広いものはウォークインクローゼットという。
更新料
契約期間が満了し、引き続き住む場合に支払うもの。一般的には家賃の1ヶ月分が相場だが、大阪の物件ではほとんどが無いシステム。
火災保険料
入居中の火災・水漏れ等のトラブルがあった時の為に加入するもの。自分の物だけで無く、家主に対しての保証が付いているものが多い。通常、2年掛け捨てで、1.5万円~2.0万円
決済金
契約締結の際に支払う金額で、保証金・仲介手数料・前家賃・火災保険代が含まれている。
この際、以前に手付金を支払っていると差し引かれる。
共益費
家賃と共に家主に支払う金額。エントランス・エレベーター・外廊下・給水タンク等の共用部分の清掃・安全点検に使う経費。オートロック・エレベーターなどがある所は、若干高くなる。

さ行

セパレート
バスとトイレが別々になっているタイプ。女性に人気がある。
シャンプードレッサー
ハンドシャワーが付いていて、シャンプー等ができる洗面台。
室内洗濯パン
脱衣所に洗濯機を置く、専用の場所。給水・排水設備が付いている。防水パンともいう。
システムキッチン
調理台・流し台・ガス台・収納などが一体化されている。ファミリー物件でよく使われている。
重要事項説明書
手付金を支払う際に、契約内容・物件詳細などを書面で説明を受けるもの。仮契約みたいなもの。

た行

築年数
建物が建築されてからの年月日を示す。
手付金
重要事項説明の際、支払う金額。部屋止めできる権利ができる。通常は賃料の1ヶ月分で後に保証金に充当される。
仲介手数料
契約成立時に不動産会社に支払う報酬金。家賃1ヶ月が上限となる。
宅配ボックス
マンションのエントランスに設置され、留守中に届いた荷物を預かる設備。

な行

納戸
採光や換気が無く、収納部屋とされる部屋。

は行

バリアフリー
高齢者や身障者の生活がスムーズに行える様に、段差の解消や、手すりなどが設置されている。
フローリング
板張りの床材で、LDKや洋室に多く見られる。
保証金
賃貸物件を貸りる際、家主に預ける金額。名前通り、家賃滞納など、何かあった時の為の保証に預けるもので、退居する際、解約引を引かれる。

ま・や・ら・わ行

MB
メーターボックスの略。水道・ガス・電気メーターが入っている。
ミングル
玄関・キッチン・トイレ・浴室などを共用し、部屋のみを独立させ、友人や姉妹など、2人で住める部屋。
UB
ユニットバス。ワンルームや、1Kなどに多く用いられ、トイレ・浴室・洗面が一緒になっている。
連帯保証人
部屋を貸りる際、入居者の滞納など、本人に代わり保証する人。通常、親や身内になる方が一般的で、契約時、実印で契約書に捺印する。
ロフト
部屋の中で天井を高くし、一部を二層にし、はしご等を設置し、ベットスペースとして利用できる。
礼金
関東・京都ではこれと敷金を合わせ、保証金と同じ役目をするが、大阪では、契約時に保証金がなく、礼金だけを支払って契約できる物件がある。
浴室乾燥
浴室の天井に埋め込んでいて、浴室内を衣類乾燥室として使う。女性に人気の設置。